デートの約束があるのでベッドインするために勃起サポート薬を飲んだのに、いざというときになって効果が切れてしまったり、思いがけないお泊りの状況になって夜中にもう一度セックスをすることになったのに勃起できず相手にがっかりされたりすることはよくあります。そんなとき頼りになるのがシアリスで、効果時間の長さは日本で手に入る精力剤の中でもトップクラスです。

素早く勃起をしたい人にはレビトラが人気ですが、効果時間が5時間程度なのでタイミングによっては本番で勃起できない・効果が切れてしまう等のデメリットがあります。シアリスはとにかく効果時間の長さが特徴で、最大36時間も続くため金曜から日曜までずっと楽しめる「ウィークエンドピル」という別名までついているほどです。

ゆっくりと効き目が感じられるタイプの薬なので、服用してから3時間くらい経つとペニス周辺の血行がよくなって勃起しやすくなるのが感じられます。飲んですぐセックスをするので即効性を求める人にはレビトラが向いていますが、タイミングを気にせずいつでも性交できる状態でいたい人、いつベッドインするかわからないのであらかじめ備えておきたい人、精力剤を飲んでいるところをパートナーに見られたくないので朝のうちにこっそり服用したい人にはシアリスが有効です。

今までの勃起サポート薬はタイミングを調整するのが難しくて、セックスの1時間前や30分前など時間を決めて飲まなければいけないのがデメリットでした。レビトラのように即効性のある薬でも、人によって勃起が始まる時間が違うため初心者には使いにくくて本番で恥をかくプレッシャーがあります。シアリスなら一度飲んでおけば30時間以上も効果が続くので、いつセックスをすることになっても安心で勃起できなかった場合のストレスを感じたりタイミングを気にして過ごしたりといった苦労から解放され、自分のペースでゆっくりと性生活が楽しめます。

その反面シアリスの副作用について

よいことばかりに見えるシアリスですが、いくつかの副作用もあるので知っておきましょう。一番多いのは頭痛や倦怠感など、ほかの勃起サポート薬にも見られる現象です。血行がよくなるのでどうしても一時的に顔が赤くなったり軽い頭痛を感じたりすることがありますが、時間が経てば自然に治るので早めに服用しておけば本番では万全の体調でセックスができます。

シアリスは副作用が少ないことで知られていて、有効成分が体内でゆっくりと作用するため急激に体調が変化することもなく、目立った副作用はありません。製薬会社の添付文書には頭痛、ほてり、消化不良などが記載されていて、ほかにも背中の痛み、筋肉痛、鼻づまりなどが報告されていますが、副作用を感じるのは使用者の3割未満なので全く異常が出ず使える人のほうが多くて、初めて精力剤を使う人でも安心感があります。

レビトラはなるべく空腹時に服用するのが望ましいとされていますが、シアリスは食後に使っても効果が得られる薬です。36時間も持続するので途中で何度も食事をしたりお酒を飲んだりする機会も出てきますが、問題なく勃起しやすい状態をキープして何度も性交が可能です。空腹だと緊張してしまい集中できずに困ることがあるので、普通の食事ができるシアリスは多くの男性に支持されています。

重度の肝障害を持っている人や直近で心筋梗塞や脳梗塞を患ったことがある人、ほかの薬を併用している人は自己判断でシアリスを使うと合併症や大きな副作用が出てしまう危険もあるので、必ずクリニックで専門家の診察を受けて適切な薬を処方してもらうようにしましょう。健康な人でも服用語に何らかの副作用を感じていつまでも治らないときは医者に相談するのがおすすめです。