レビトラを個人輸入で購入するには、通販サイトを利用します。インターネット上には多数の個人輸入代行サイトがあります。勃起不全の治療薬としてレビトラは世界的な人気があるので、偽物も多数流通しています。通販サイトを利用して個人輸入する場合には、信頼できるサイトを選択することが重要です。

レビトラは個人輸入の他に病院で処方してもらうこともできます。一般的に流通しているレビトラの錠剤には10mgと20mgのものがあります。病院で処方してもらう場合の価格は10mgが1錠あたり1500円以上で、20mgが2000円以上になるのが一般的です。

レビトラを病院で処方してもらう場合には、保険が適用されないため自由診療となります。医療機関ごとに価格設定に違いが存在します。また病院ではレビトラの購入代金の他に処方せん料や初診料などが必要です。コストはかかりますが、医師の指導を受けて安全に勃起不全の治療ができるというメリットがあります。

個人輸入代行サイトで販売されているレビトラも10mgと20mgの錠剤です。10mgは1箱あたり4錠入りで、20mgは4錠入りと12錠入り、28錠入りの3種類があります。10mgは1錠あたり1400円弱で購入できます。20mgは容量が多いほど価格は安くなります。4錠入りは1錠あたり1400円ほどですが、12錠入りは約1350円、28錠入りは1300円弱で購入できます。

コストを抑えて大量のレビトラを購入したい場合には、病院で処方してもらうよりも通販の方が合理的です。病院でレビトラを処方してもらう場合にはコストがかかりますが、1錠だけ処方してもらうことも可能です。また病院であれば偽物を購入する心配もありません。また、レビトラはジェネリックを通販で買う選択肢もあるでしょう。極力コストを抑えたいのであれば通販がおすすめです。

レビトラは世界的に人気のある勃起不全の治療薬なので、偽物も多く流通しています。個人輸入代行サイトで購入する場合には、本物を扱っている信頼性の高いサイトを選択する必要があります。

レビトラの本物と偽物の見分け方

インターネットで個人輸入を代行する通販サイトではレビトラを購入できますが、偽物を扱っているサイトも存在します。本物を購入するためには、利用者の多い信頼性の高いサイトを選ぶことが重要です。本物のレビトラには5mgと10mg、20mgがあります。一般的に流通しているのは10mgと20mgです。

レビトラの偽物には100mgの錠剤が多く見られます。パッケージを見ただけでは本物と偽物の違いを見分けるのは困難ですが、容量を見れば見分けることができます。本物のレビトラは5mgと10mg、20mgの3種類しか存在しません。

インターネット上にはレビトラを個人輸入できる通販サイトが多数存在します。中には本物のレビトラの写真を表示しているものの、偽物を扱っているサイトもあります。パッケージや写真から素人が偽物を見分けるのは困難です。購入する前に信頼できるサイトかどうかを十分確認する必要があります。

通販サイトの信頼性を確認する場合には、まず販売価格を調べます。他のサイトと比較して極端に安い価格を提示している場合には、偽物の可能性が高いので避けるのが無難です。クレジットカードでの決済ができない場合や、電話対応をしていない、日本語の表記が不自然な場合なども避ける必要があります。インターネット上の口コミや、サイトに投稿されたユーザーのレビューなどを参考にすれば信頼性を確認できます。

偽物にも本物と同じ成分が含まれているものもありますが、添加物やその他の成分が違う場合が存在します。粗悪品を購入すると健康被害の原因となるので注意が必要です。病院で処方してもらえば、偽物を購入する心配はありません。個人輸入で購入すればコストを抑えることができますが、通販サイトの選択は慎重に行う必要があります。