レビトラは即効性のある勃起不全の治療薬として人気です。5mgと10mg、20mgの錠剤が正規に製造されています。一般的には10mgと20mgの錠剤が多く流通しており、5mgはあまり流通していません。10mgや20mgで用量が多い場合には、ピルカッターで小さくしてから服用することもできます。

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは水に溶けやすい性質があります。基本的に性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用します。アルコールは適量であれば気分をリラックスさせてレビトラの働きを助けますが、過度に摂取すると酩酊し性行為自体が困難となるので注意が必要です。空腹時に水かぬるま湯、もしくは適量のアルコールで服用するのが正しい服用方法です。

用量によってレビトラの持続時間には違いが存在します。10mgの錠剤の持続時間はおよそ5時間です。10mgの場合には10時間ほどになります。勃起不全の治療薬の中には食事の影響を受けやすいものもありますが、レビトラは食事の影響を受けづらいのが特徴です。エネルギー量が700kcal以下で脂分が3割以下の食事であれば問題はありません。

レビトラは食事の影響を受けづらい治療薬ですが、空腹時に服用するのがおすすめです。食事を摂取した場合には、2時間ほどの時間を置いてから服用します。正しい服用方法を守ることで、勃起不全を改善することができます。レビトラを服用する前に食事を摂取する必要がある場合でも、脂分が少ないものを選ぶことが重要です。また量も腹6分目から7分目に抑えます。

中華料理など脂分の多い食事を摂取した場合には、服用まで5時間から6時間ほど間隔を空けるのがおすすめです。胃や腸には脂分が残っていることがあります。残留する脂分が全て消化してからレビトラを服用するのが合理的です。最適なレビトラの用量は個人の体質によって異なるので、多過ぎる場合にはピルカッターを使用して小さくする必要があります。

レビトラのおすすめの用量は?

正規に製造されているレビトラには5mgと10mg、20mgの3種類の錠剤が存在します。一般的に流通しているのは10mgと20mgですが、最適な用量は個人の体質によって異なります。レビトラに含まれる有効成分のバルデナフィルはペニス周辺の血管を拡張して血流を増やし、勃起不全を改善します。血圧と関係があることから、顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸、鼻詰まりなどが9割以上の服用者に現れます。

レビトラを服用して現れる顔のほてりなどは、基本的に軽度で数時間すれば回復するため問題はありません。ただし個人の体質によって差があるので、レビトラの用量が多い場合にはピルカッターで小さくしてから服用します。おすすめの用量は個人の体質によって異なります。最初は少ない用量を試し、徐々に用量を増やすのが合理的な服用方法です。

レビトラは用量が多いほど持続時間も長くなります。10mgであれば5時間ほどですが、20mgの場合には10時間ほど持続します。また用量に関わらず即効性があるのも大きな特徴です。

レビトラを服用する前に注意すること

レビトラは食事の影響を受けづらいので服用前に軽い食事を摂ることができますが、グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品には注意が必要です。

グレープフルーツなどの柑橘類に含まれるフラノクマリン酸は、薬の体内吸収率を高めます。レビトラを服用すると顔のほてりなどが服用者の9割以上に現れますが、基本的に軽度です。しかしフラノクマリン酸を含む食品を摂取すると重くなる可能性が存在します。

レビトラは食事の影響をあまり気にせずに服用できるため人気ですが、フラノクマリン酸を含む食品には注意が必要となります。基本的には空腹時に自分の体質に合った用量のレビトラを服用するのがおすすめの服用方法です。