日本で承認されているED治療薬にはレビトラ、シアリス、バイアグラの3種類が存在します。レビトラとバイアグラは即効性が特徴ですが、シアリスは遅効性と持続時間の長さが特徴です。ED治療薬の中でもバイアグラは食事の影響を受けやすいという特徴があります。レビトラはエネルギー量が700kcalまで、シアリスは800kcalまでの食事であれば影響がありません。

レビトラ、シアリス、バイアグラの中でコスパが優れているのはシアリスです。シアリスは5mgと10mg、20mgの錠剤が存在しますが、一般的には10mgと20mgが多く流通しています。服用してから3時間ほど経過してから、ゆっくりとペニスが勃起します。その後10mgは20時間から24時間、20mgは30時間から36時間持続します。金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼まで持続することから、ウィークエンドピルとも呼ばれます。

シアリスは持続時間が非常に長いED治療薬です。一度服用すれば最大で36時間ペニスの硬さを維持できます。何度も服用しなくても長時間にわたってペニスの硬さを持続できるのでコスパが優れています。ED治療薬にはそれぞれ異なる特徴があります。予算や用途などに合わせて選択することが重要です。どのED治療薬も、ジェネリック医薬品を利用すればコストを抑えることができます。

レビトラやシアリス、バイアグラは世界的にも人気があるED治療薬です。特にバイアグラは世界で最初に製品化されたED治療薬なので高い知名度を誇ります。これらのED治療薬は世界中に愛用者がたくさんいます。ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しています。インドでは製法特許のみが認められており、成分特許が認められていません。そのため製法を変更して同一成分のジェネリック医薬品を安価に製造できます。

ジェネリック医薬品にはレビトラやシアリス、バイアグラと同じ成分が含まれています。性行為の際に服用すれば、ペニスを十分な硬さにすることが可能です。ジェネリック医薬品はどれもコスパが優れていますが、予算や用途、自分の体質などを考慮して最適なものを選択することになります。

一番コスパのいいED治療薬とは

日本で承認されているED治療薬はレビトラとシアリス、バイアグラです。

レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。現在5mgはあまり流通しておりません。病院では主に10mgと20mgが処方されます。性行為の1時間前に空腹状態で服用するのが一般的です。空腹状態であれば服用から20分ほどでペニスのが勃起するようになります。その後10mgは5時間ほど、20mgは10時間ほど硬さが持続します。レビトラは即効性が大きな特徴です。病院で処方してもらう場合には10mgが1錠あたり1500円ほど、20mgは1800円ほどとされます。

バイアグラも即効性があり、空腹状態で服用すると30分ほどでペニスの硬さが増します。100mgの錠剤も存在しますが、日本では25mgと50mgのみ販売されています。25mgは1錠あたり1300円ほどで、50mgは1500円ほどです。用量に関わらず5時間ほどペニスの勃起状態が続きます。

シアリスは10mgと20mgの錠剤が主に流通しています。価格は10mgが1錠あたり1700円ほどで、20mが1800円ほどです。錠剤1錠あたりの価格を比較するとレビトラとシアリス、バイアグラの正規品にはそれほど大きな違いがありません。ただしシアリスは持続時間が非常に長いので、何度も服用する必要がなくコスパが優れています。

一定時間内に何度も性行為を行なう場合にはシアリスが最もコスパが優れたED治療薬です。実際には性行為の頻度や予算、体質などによって最適なED治療薬が決まります。またどのED治療薬でも、ジェネリック医薬品を利用すればコストを大きく抑えることができます。ジェネリック医薬品の中にはレビトラやシアリス、バイアグラと比較して10分1ほどの価格で販売されているものもあります。